が自発的に行う循環
ブータンの経済は水力発電による電気のインドへの売電と農業が支えている。ネパール、インドからの移民問題を抱えている。国民の生活は、携帯電話、自動車、家電製品など文明の利器による便利な生活という先進工業国の価値観で見ると決して豊かとはいえない。しかし、国民の九六%の人たちが幸せだと思っている。それは、彼らの価値観が先進諸国のような限りない便利さと欲望を満足させてくれるものにはないからである言い換えると、先進諸国が享受しているいわゆる豊かな生活すなわち川下の便利さではなく川の命あるもの、心豊かな生活に価値観を置いている。価値のないものに価値をつけて、顔の見えないグロバリゼーションで世界の人たちを不幸に陥れるマネーの虚構に躍らされることのない価値観である。しかし、そのブータンも欧米式近代化、民主化の進展により、若者の価値観が次第に変質して川下に移っていくことが懸念される一方、ニューカレドニアは先に述べたように一五〇年続いたニッケル採掘によって「天国に一番近い島」が、一部のリゾート地を除き見る影もなくなっている。それに追い討ちをかけるように、世界最大のニッケル鉱山の開発がはじまった。そして、二〇一〇年六月に完成した。鯨の形をした島の南端は鯨の目の位置に相当し、先住民が神聖視しているところであるこのニッケル鉱山開発は自然破壊だけではなく、先住民族カナックの人たちの文化と伝統も破壊しっ強大な資本力と政治力にモノを言わせてフランス政府、ニューカレドニア行政府を見方につけ、民、環境NGOなどの激しい反対運動を押さえ込み開発を進めてきた。

廃棄物管理のためのグローバル
にイ頭いれO社,1ち社同がた表リわン弁場るすブかで論合廃円TLス仕入約はーそト·つ海に一棄ブ五ア億”︵レがに社てテーりかっにのムたのらてつ堆ての六年二ポち家五二き積1はをキ〇三場ル漁建ロ0万のを船て離七ユ工BM-リニシ月よ年数をるれ年1事う度カ仕とた二ロ差P社ポケでMゃに所立会海月の止ビ︵コール買&〈入にて社底二罰めつ立パ側か日金仮山さ合業ててィはらにが処ンで..マ会れ戦開もてブル放は申分社あク社たの始精抵の1流仮し決につ゜モ貿。末に練抗撤トす処渡定テル社てはwフたッ。クリ豪·ト鉱収A操てでて口ば行開ニ態特も特ニはなう発ュ私系私所殊例殊ュじら企に11は破は長ヌ性外な1めな業ぁカ-、壊、殿ㄨの的こカにいがたレ貴の多い生土ドの多はアか性植に持と部る島物ののな進地ER>テーリング堆積場(一時工事が差し止められた)たに0本なゎンの資。でみた金よ源八はにっ属う価年ス、て取な格九テー放引争は月ン。出所奪下のレ。しの戦がリス-た指のつ1製年定最たマのの在中提に関ュ節し理ぁカ説ーた委るレ明ぶいのてー,題のう科はァ書ー:Aこ学、でつ的と的真起し、会で事っきて議あ実先てHにま知科るくないま会鉱ニたれす宛山アニメセそゴ着1カ学間].年︵一良状ニ後,、心がンお安庫約·墓値はニブの時上調なたにで査環に公ュ年ラ花期界ケ後ザ立にのル費国のを境私衆!最し問ののみ旳けは点尽ドつば生説ア決な物明にの的なのはきれOので。進し、過種のすで属史そ異富事は種だま〇二格たレ分急とよ月月がル切し、危日開は金あの残出丁判と滅の7これであるた型人多で質るそ状当とあでにの。

廃棄物処理法第七条第
資源化の促進に際し配慮すべき重要事項主務大臣は

覆き許ま日。性ののの世い産在的すあきレき関科ラ紹に者しすな操、わ刻れを山公が政よ質長系備達まめルめす。数多くの科学論文がそのことを明瞭に示しています。メタル資源が豊富なこの島の中で、一九世紀末以降ずっと行われてきた広範囲にわたる資源の探鉱と採掘という〈蛮行>によって、風景と生物多様性を文字通り荒廃させてしまいましたヨーロッパ域内では決して許されないことが往々にして植民地では行われてきたのです。ニューカレドニアでは、二〇世紀最後の四半世紀に、数十年遅れでようやく鉱物資源と森林資源のわずかな開発規制がはじまったばかりであり、それはすでにあまりに遅きに失し生物多様性は著しく減退してしまいました。ニューカレドニアの生物学研究についてのオリジナリティは第一級のものであることは明らかであります。

ごみ屋敷にそれぞれ自分の部屋を持っていたのですゴーン…他の皆さんも揃いも揃って…と言う感じのゴミ
これが基本ですが、意識改革を期待するだけでは行政として無責任ではないでしょうか。プライバシーへの十分な配慮のもとに踏み込んだ対応をすることも時に必要ではないか。開封するのは守秘義務を持つ市職員の中から市長が指定した者で、人目に触れないところで行います。権限を周知した上で、ごみ減量の取り組みを市民ぐるみで深めたいと思いますプラスチックごみの分別で、私たちを悩ませるのがプラスチックです。プラごみといっても素材はいろいろで、方も市区町村によって「可燃」「不燃r資源」とまちまち。

朝日新聞デジタルでのアンケートには、問が寄せられました。その声を頼りに、プラごみをどうしたらいいか、考えました。多くの疑◎燃やすか、燃やさないか《リサイクルのために分別が必要なのは理解できる。しかし分別が細かすぎ、となり、参加する人が少なくなるのではないか。(くろこ·40代女性)》判断に困るものが多いと手間朝日新聞デジタルのアンケートでは、分別に関する意見が多く寄せられました。