ごみ屋敷の主を含む実際に
さて有機物とは無機物といわれる石とか鉄、ガラスなど以外のつまり植物、動物などで紙、布、木片、草木、等々さらにペットボトルをはじめプラスチック製品のほとんどは処理可能です。どうして消滅するのでしょうか?この「ネオソニック」は化石燃料にかわり永久磁石(マグネット)を使用してこの磁石の力と空気のコラボでマイナスイオンやプラズマを発生させます。ボックス内へ投入された有機物内へ浸透されると0段階をへてセラミックス灰などが発生してきて随時分解現象が起きて消滅していくと同時にそれら消滅されたかわりに水と気体が排出され地球に返還されます。つまり地球へリサイクルされます。ただなぜこの分解現象が発生されるのか理論づけされた論文は全くありません。これから某理科大の教授らと共同に研究される動きもでている現状です有機物磁気分解について特殊な磁性体を搭載した装置「エネルギー返還装置」に自然の空気(外気)が通過すると、プラスの電荷(イオン)とマイナスの電荷(イオン)を帯びた(磁化された)空気に変化する更に自然の空気がエネルギー変換装置を通過した瞬間、空気から活性水素とマイナスイオンが発生するこの磁化された空気が、有機物が投入された密閉状態になっている箱(ネオソニックのボックス内)に掃射されると、磁気分解を起こす。磁気分解された有機物は1300セラミックス灰に変化する。この変化したセラミックス灰は、時間の経過と共に更に磁気分解し190000のセラミック灰となる。今後の展開として、有機物の磁気分解中に発生する活性水素を取り出し例えば車の燃料として利用した場合、取り出しする量として有機物(例えばゴミ1トンから100kの水素の取り出しが可能100kの水素を車の燃料として利用したら走行距離1万kメーターまで走行ができます。よって我々は有機物(例えばゴミ)から活性化された水素を取り出し水素燃料を作る研究を進めています有機物分解システムの「特許第4337128号」は現在日本環境技術株式会社代表北隅勝己氏が継承しさらに進化を続けている状況です。

循環利用する
原材料を集め、加工し、輸送する。これは、発散系の活動です。いったん市場に散らばったものを方、『循環型社会形成推進基本法』でいうところの、循環資源の再使用、熱回収、といったものは、集めなくてはなりません。集束系の活発散系の活動では、例えば大型店舗で、消費者を呼び込み、購買させれば、効率よく大量の販売が可能です。ところが、消費者が消費した製の「容器」は、回収しようとすると膨大な労力と、システムと、コストがかかります。無視できない点は、有毒物質の発生と、拡散、あるいは濃縮です。

ごみを中身に応じて適切に処理できるのです
廃棄物は消滅していたので

コンビニエンスストアで、期限切れとなったお弁当などの食品は、処理方法を間違えると、有害なものになりかねません。部の農薬や重金属は、高次消費者に高濃度で蓄積されることが知られています。「生物濃縮」といいます。人為的な廃棄物の中では微量であったものが、重要な影響を与えうる濃度にまで上昇する、というものです。穀物や草などといった飼料で育てるべき畜産のなかに、人間に向けて生産された食品が、安価で高カロリーある、という理由で与えられた場合、その動物の体内で「生物濃縮」す科学技術によって、農薬や重金属を除去して無害化させ、家畜に与えるというのは考えにくく、合理的でもないし、不経済です。しかし、人間の残飯は、家畜に与えられています。

環境教育の内容及び方法についての調査研究を行い
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のパチャウリ議長も強く推奨した」(『日経産業新聞』二〇○八年二月二八日、亀井博士寄稿文より)。二〇一〇年になって、トリウム原子炉に関する国際会議が世界各地で開かれている。いまや世界の資源·エネルギー·環境政策は一連の環を形成している。その環をつなぐ両端にトリウわが国の国家戦略を考え、政策を担う人たちに、ムとレアアースがある。このことが、止められているのか知りたいものだどのように受け政局と内政に明け暮れ、世界の空気が読めないでいるとこの国の将来は危うい。

唯一の核兵器使用国アメリカと唯一の核被爆国日本、いまこそ手を組んでトリウムによる核廃絶を目指す絶好のチャンスと言えないだろうか。-マニュからエコへ--文明のソフトランディング二0世紀後半の日本の物質的繁栄は、「モノつくり」すなわちマニュ·ファクチャーによってもたらされたといえよう。しかし、そのマニュ·ファクチャーのマニュは、「人間の手の届く範囲の問題解決そして限りない便利さを追求する」モノつくり、ファクチャーを意味するものであった。しかし、二一世紀、気がついてみると、人口増加の圧力、中国をはじめとする新興国の高度経済成長により、資源需要が幾何級数的に増大している。その結果、資源ストックの枯渇そして地球規模の環境劣化が進み、多くの人々を危機に直面させ、将来世代を脅かしているわれわれは、限界に直面した最初の人類世代といえる。