環境の良い処に建っているマンションを探せます
いらない書類とか、燃える物をまとめるとゴミ袋が20くらい出ました。文房具は使わない物でいっぱいでした。殆どを捨てました。ペンは2本だけになりました。台所をピカピカにしました。換気扇は油でべっとりと茶色になっていた物を、重曹水をかけてみると、カピカにしました。食器類は二人分の最低限だけ残し、他は全て処分しました。箸は二人分だけです。食器、コップも二人分だけです。冷蔵庫の中も掃除をしていらない物を全部捨てました。新品のようになりました。ねじをはずして中のファンまでピ電化製品のいらない物をゴミ袋にいれたら一杯になりました。お風呂場では、カビとり剤をかけてみたところ見事に落ちてくれて、タイルが真っ白になりました。今のお風呂は、ホテルの様なキレイさでびっくりしています。いらない袋や、サンプルは全部捨てました。

まったく別のひとびとの手によってごみとは
ここは、私たちが本当に幸運だった点なのですが、最寄りの病院がその親戚のかかりつけで、院長先生が私たちの特殊な家の事情をお察し下さり、特別に長く…掃除とリフォームが終わるまで《主》の身を引き受けて下さったのでした。こちらの病院には、で出て来る《もう一人のごみ屋敷の主》もお世話になりました。感謝してもしきれません。このように、なかなか実際の掃除を始めるのが難しい前触れも無く急に訪れるケースがほとんどです《ごみ屋敷》ではありますが、《その時》は何の生活を整え、ごみ屋敷と対峙しなければならない環境にあるのでしたら、必要になるであろう費用を貯え、備えて行くべきでしょう。それを見据えて自身や家族の「自分がやったのではないのだから関係ない」。そう思われる方もいらっしゃるかと思います。実際私の親戚の中にもいました。

資源開発で国際的に活躍できる
ゴミ袋を置く場所もないようなごみ屋敷を

しかし、そのような事を一人が言い出したらキリが無くなってしまいます。ごみ屋敷にしたのは《主》であって、他の誰でもないのです。そして「自分は関係ないから」と人になすり付けてしまうのはとても簡単ですが、結局は誰かが始末をつけなければなりません。「自分は関係ない」とする主張は一見正当で、とても要領が良いように思われますが…果たして本当にそうでしょうか関わる人全ての人間性を浮かび上がらせ、今後の関係をも決定付けてしまうのが…このごみ屋敷です。必ずしも自分たちで掃除する必要はない費用、期限、大切な物しかし、だからと言ってごみ屋敷の掃除を必ずしも自分たちの手で直接やる必要はありません。

循環できないタイプの
きっと何十年とやって来た日課のようなものだったのでしょう。「何もいらない」しっかり言質を取ったので、(笑)傘の処分は簡単です。スズランテープなどで持てる数に束ねて不燃ごみの日に出すだけです。もう私…この頃から一遍に出したごみが、全部綺麗に回収される様が快感になって来ていました大好きなのは不燃ごみの日と、これらはなんと…本当なんですよ。資源ごみ&古紙回収の日です。普通ごみの回収と違って、「絶対こんなに一遍には持って行ってもらえないだろう」と思う様な量を朝、ダメ元で敵城本丸前にドーーン!と出しておいたら…なんと全部綺麗に回収して行ってくれたのですああつーなんて素晴らしいのっ!ありがとうごみ収集の皆さん!古紙や不燃ごみは特に重たいから積み込むの大変だったでしょうに?いや、でもこれは勿論その地域にもよることだとは思うので、規定内で迷惑にならない範囲でやって頂きたい事柄です(笑)不燃ごみの中に粗大ごみ扱いの物が混じってしまっていると、「これは粗大ごみだよそっちで出してね」という張り紙をしてくれたりします。

なので、逆に不燃ごみなのか粗大ごみなのか判断の難しいものは、取り敢えずダメ元で不燃ごみの日に出してみるのが良いと思います。粗大ごみは処分代が掛かってしまいますから。敵城本丸には金物や古紙も大量にあったので、ですっきりするような、清々しい気分でした。その山が一度に回収してもらえた時は…もう心の中ま、ごみの出し方可燃(ビニごみ)、不燃、古い電球、電灯電池(未使用/使用後)家電ごみビン缶、右記のこれらのものは、地域の指定された収集日に定められた方法で、う。少し特殊な物の処分法をいくつかご紹介します。