ゴミ焼却炉としてのロータリーキルンは
機会があるのでしたら、是非挑戦して頂きたいのですそしてこれは私の妄想にも近いものですが…きっと、みんなで掃除をして、考えて、実行して行けば…果てしない道程かもしれませんが、世の中のごみ屋敷全てを綺麗に片付けて、《再生》し、永遠に消し去る事が出来ると思うのです。ごみ屋敷と一生出会いが無ければ、それに越した事はありません。今身の周りでごみ屋敷の問題を抱えておられない方はどうか、ご自身を含めて身近な方々からごみ屋敷の《主》が生まれて来ない様にだけして頂きたいです。お子さんがいらっしゃる方々には、是非、自分の持ち物をしっかり管理出来、掃除が出来…要らない物が見える、本当に必要な物が見える人に育てて頂きたいです。本書には現実にあった体験談だけでなく、とんでもなく御目汚しでしたが…実際のごみ屋敷の写真も載せておりますので、こちらも活用して頂ければ幸いです。電子書籍という形でシェアをさせて頂きますので、ひとつの《究極の反面教師》としてみて下さい。そう、これは『ごみ屋敷再生物語』。それは私一人からでも…あなた一人からでも…今この瞬間からでも、それぞれが紡ぐ事の出来る物語『ごみ屋敷』に思う事本当の豊かさとはごみ屋敷の掃除をしているとつくづく思います。私たちは物を持ち過ぎているとこの大量生産、大量消費の時代に《買わされている》と言っても過言ではありませんフィンランドの童話『ムーミン』に出て来る《スナフキン》というキャラクター…皆さん何となくでもご存知ではないかと思います。彼は数々の名言を残しているのですが、『何でも自分の物にして帰ろうとするのは難しい事なんだよ。

その使用に係る製品等が循環
しかし、現実はそうではありません。その最たるものが、核エネルギーです。「循環型社会形成推進基本法』では、はっきりとは明示し触れていませんが、核エネルギーも商品です。製造、運搬、販売、消費、廃棄、のサイクルの中にあります。核エネルギーは、製造、運搬、販売、消費、はできます。

リサイクルショップは安さを求めて来るお客さんが多いので
資源化が同項各号のいずれかに適合しなくなったと認めるときは

しかし、廃棄が思うようにできません。本当に製品等が廃棄物等となることの抑制」というのなら、『循環型社会形成推進基本法』原子力発電は、不適応です。二酸化炭素はあまり排出しないので、しかし、放射能を大量に発するので、環境にはやさしいかもしれません。環境にはやさしくないともいえます。核に限らず、「廃棄物となることの抑制」という視点で遡って考えてみると、多くのものがあやしくなってきます。

ごみ屋敷に出会ったら
京都に伝わる日本人の暮らしの美学、生き方の哲学のような精神を呼び覚まそうと、減量には市民ぐるみで、あらゆることをしてきました。家庭ごみの有料指定袋を導入したのは06年度で、政令指定都市で3番目市民の相談窓口を増やし、啓発もきめ細かくしました。年度の市民1人当たりの1日の生活系ごみ排出量は、政令指定都市平均で586グラムです。京都市は441グラムで最少11年度に約49万トンと、しかし、ごみ減量のペースは鈍化しています。が、そのころから年に1%刻みです0年度の60%になりましたたとえば、出町桝形商店街(上京区)の方から聞いた話です。商店街は一生懸命減量に取り組んでいる。

しかし、自宅の周辺には、なんぼ言うても分別しない人がいる、と。全体として分別率が京都市は悪い。資源として分別されるプラスチック製容器包装の割合は36%。横浜市は60%以上です市の審議会で総点検していくなかで、しよう、という議論が出ました。横浜市など他の指定市では開封調査をしている、京都市でもやりま徹底的に啓発し、市民に主体的に分別してもらう。